メニュー

しゃべくり007で有田哲平が乗っていたミニセグウェイ!

2017年2月6日 - ミニセグウェイ
しゃべくり007で有田哲平が乗っていたミニセグウェイ!

V-BOARD(ミニセグウェイ)もフル充電出来る大容量バッテリーを探す

 

大人気番組の「しゃべくり007」で有田哲平さんがミニセグウェイに乗っていました。ミニセグウェイに乗った有田哲平さんが登場するのですが、なぜ有田さんがミニセグウェイに乗って登場したのかは不明…。ミニセグウェイに乗っていたのは登場シーンだけでした。ミニセグウェイを使用したシーンはカットされてしまったのか、単に有田さんがミニセグウェイにハマっていただけなのか…。

そんな、くりいむしちゅーの有田さんがハマっている?らしき、ミニセグウェイはVivo Marketの販売するV-BOARDでした。
正しくは「V-Board (ブイボード) #4 Monster Carbon Black(モンスター カーボンブラック)」です。

このミニセグウェイブランドは、多数メディアで取り上げられているミニセグウェイで、早い時期からファッション誌の「MEN’S KNUCKLE」や「ViVi」、人気番組の「嵐にしやがれ」「メレンゲの気持ち」でも取り上げられており、日本のミニセグウェイブームの火付け役となったミニセグウェイブランドです。

V-BOARD(ミニセグウェイ)もフル充電出来る大容量バッテリーを探す

そもそもは海外セレブが乗っていたことで、世界で大ヒットとなっていた乗り物で、「ホバーボード」「スマートバランスホイール」「セルフバランススクーター」と呼ばれる商品です。日本では、「コンパクトサイズのセグウェイ=ミニセグウェイ」として知られていますが、そもそも「ミニセグウェイ」という商品名ではなく、重心移動で進むという点でセグウェイと似ているのですが、全く別商品なんです。

ゴルフ場やショッピングセンターでセグウェイが導入され、ニュースになっていましたが、一般家庭では使用する場面がないですよね。そんなセグウェイに比べて、ミニセグウェイ(V-BOARD)はお値段もお手頃・収納にも幅を取らない・持ち運びに便利といったように、使い勝手がよく、何より乗っていて面白いでの一般な家庭用として大ヒットしました。

といっても、日本では公道でのミニセグウェイ走行について、法規制されていないのが現状です。もちろん、セグウェイは許可なく公道で走行したら違反となります。しかし、ミニセグウェイに関するルールはないので、公道で走行してよいのか、悪いのか分からないのです。ですので、あくまでも自宅や庭などの自分の敷地内、ミニセグウェイ使用OKな公園で使用しなくてはならないといった感じ。

しかしそんな限られた条件でも、ミニセグウェイ(V-BOARD)人気はとどまることをことを知りません。パーティーでの景品として、イベントでの試乗会、ミニセグウェイを使用したパフォーマンスetc…。SNSや動画投稿サイトへもたくさんの写真や映像がアップされています。これからもミニセグウェイから目が離せません!

 

V-BOARD(ミニセグウェイ)もフル充電出来る大容量バッテリーを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*